Sep/2018 Back <<< 
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
 >>> Next
省エネルギー性限定にて復活
国土交通省は21日、9月末で申し込み受け付けを終了する
長期固定金利型住宅ローン「フラット35S」の金利1%引き下げ措置について、
11年度第3次補正予算で財源を確保し、
適用対象を「省エネルギー性に優れた住宅を取得した場合」に限定して、
今年度中に復活を目指す方針を明らかにした。

現在のフラット35Sは、

・省エネルギー性
・耐震性、
・バリアフリー性
・耐久性・可変性

いずれかに優れた住宅を取得した場合が対象。
最長35年間にわたって適用金利が固定されるのが
基本のローン「フラット35」の特徴だが、
現在の「35S」は当初10年間について、
「35」より1%低い優遇金利を適用している。

元々の金利引き下げ幅は0.3%だったが、
昨年2月から1%に拡大した。
ところが利用者が想定より多かったため、
同省は8月、
今年12月末としていた受付期限を3カ月前倒しすることを決めていた。

(毎日新聞より抜粋)

省エネルギー限定とはいえフラット35Sの復活はありがたいですね。
やはり今後はエネルギーをいかに使わないかが、家も車もヒット商品に
なるポイントなんでしょう。
22/Sep.2011 [Thu] 18:19
二代目社長の日記 : comments (x) : trackback (x)
 

横 270 pixel 縦 176 pixelです。(ブログの初期設定で設定してください)
横 459 pixelを超えると、表示がくずれる場合があります。